着物の処分に悩んでいるあなたへ断捨離のすすめ

母の着物を処分しました 断捨離.com

着物の処分【置き場所がない振袖の断捨離5選】私が選んだ方法は

更新日:

断捨離 着物の処分

成人式で着た振袖や母や祖母からもらった着物の処分。結構悩みますよね。

思い出の詰まった形見の着物などはなかなかぽいっと捨てるわけにもいかず、狭い家をますます狭くしてしまう原因になってるのはわかっているのですが・・・

子供部屋を確保するために今回思い切って断捨離で着物の処分をすることにしました。

断捨離のやり方で悩んだ末に私は着物買取専門業者に思い出の着物を買い取ってもらいました。

→ 私が着物処分を依頼した着物買取業者(バイセル)

もらえたお金は少なかったですが、長年の心配事も消えてスッキリして、我が家も少し広くなりました^^

着物の処分方法を5通り考えてみました

着物の処分を考えた時、私が思いついた断捨離の方法は以下の5つの方法でした。

  • 親戚や知人に譲る
  • ヤフオクやメルカリで売る
  • 振袖を寄付する
  • 捨てる
  • 着物買取専門業者に買い取りしてもらう

それではそれぞれのメリットやデメリットについて考えたことを紹介しますね。

親戚や知人に譲る

身近な人に譲るというのも振袖や着物の活かし方にはなりますが、振袖は着る機会も年齢の制限もあるので普通の着物と違って欲しがる人は少ないです。

しかも、知っている人とはいえ他人の思い出の詰まった振袖って着ずらいですよね。

普通の着物はサイズが元から着ていた人の寸法になっているので、袖や身丈の長さが全く異なるので、ピッタリ着ることが難しいです。

そして譲るということは金銭的なメリットはほぼ無いです。

そのうえ、何かしらお返しを頂いても

「高価なものをあげたのにバランスがあってない」

など自分から譲ったのに妙な欲が出て、かえって相手との距離が出ることもよくある話なので非常に気を使うことになります。

スパっと割り切れない人にはお勧めできない方法ですね。

 

ヤフオクやメルカリで売る

ネットオークションなどで販売するのも、着物の処分方法の一つです。

ただし

  • 寸法を自分で測る(慣れないと凄くややこしい)
  • コンディションの説明を詳細に書く(判断基準が難しい)
  • シミとか変色の判断はプロじゃないと分からないことも多い
  • 取引が成立してからも後からのクレーム対応が出てきたらちょっとしんどいかも

考え始めると、こんな感じでいろいろと心配事が出てきます(汗)

始めはちょっとお手軽にお小遣いが入るかもと考えましたがよくよく調べると、とてもハードルが高く感じました。

 

振袖を寄付する

リサイクル団体に郵送して着物を再利用してもらうことができます。

しかも、送った箱の数に応じてポリオワクチンの募金がされるので社会貢献もできるので色んな人にメリットがありますね。
そのうえ、指定した日時にダンボールを集荷してくれるので簡単に送ることができるサービスもあるようです。

<寄付する着物配送料の参考>3辺の合計

120cm以下なら1980円
160cm以下なら2480円

寄付する時に必要な金額には「伝票配送料とゆうパック料金とワクチン募金」が含まれていますって。

寄付というだけあってお金を受け取ることはなくの自分でお金を払うことになりますが、断捨離をすることでさらに社会貢献ができるという点ではとても価値があると思います。

興味のある方はご参考ください。

・セカンドライフ(着物を寄付してワクチンに)外部リンク

 

捨てる(断捨離の極意!)

一番簡単な処分方法ですが、せっかく買ってもらった高い着物や振袖をポンっと捨てにくいんですよね。

思い出も詰まってるし、ご近所の手前で着物と振袖を入れたゴミ袋をゴミ捨て場に出すのも気が引ける。

私には着れるものを捨てることにも抵抗があったので、捨てることはできませんでした。
余計な事を考えずに捨てられる人にはおすすめです。

なお、生地素材の種類によって着物の処分に関しては、燃えるゴミや燃えないごみに分別されるのか各自治体によって違うようですので、しっかりと確認してから断捨離しましょう。

 

着物買取専門店に買ってもらう

着物買取のプロに買い取りお願いする方法です。

着物の価値をプロの目で公平に査定してもらって、リサイクル業者よりも高額に買い取ってもらえたら嬉しいですよね。

また小物(半衿、帯締め、帯揚げ)や長襦袢もセットで買い取ってもらえるので無駄がないです。

ただ、買取も専門店まで持っていくのが少し手間なのと慣れてないと持ち運ぶときの畳み方もわからない場合があります。

しかも専門の買取店は地域によっては少ないので、かなりの労力がかかる場合があります。

そこで、便利な買取専門店をネットで調べてみたら全国に対応してる買取専門店がありました。

・出張買取もしてくれるバイセル(日本全国買取対応)

着物 全国買取対応

ネットの買取専門店は出張料も郵送料も無料で査定料も無料なのでとても楽ちんです。

買取の基準は一点からでもシミなど状態が悪くても査定対象になってます。

もちろん査定額が合わなければ、その時点でお断りすることだってできます。

 

私が選んだ着物と振袖の処分方法

これまでに色々な処分方法をご紹介してきましたが、私が選んだ断捨離の方法は
「ネットの買取専門業者に買い取ってもらう」です。

特に選んだ理由は
・個人同士で売買をするよりも簡単で値段がつきそう
・買い取ってもらった先で新たな人に振袖を活かしてもらえる
・面倒な手続きがいらない
・値段がゼロ円でもプロの査定なのであきらめがつく

着物や振袖の売買の経験が無い私が安心して手放すのは、やはりプロの方に引き取ってもらうことでした。

出張無料で郵送の手続きでも買取依頼できるのでちょうど良かったです。

気になる買取価格は、3枚で11,200円でした^^;

もちろん購入金額はそれどころじゃないのでかなり安い感じもしますが、もともと断捨離で捨てようかと思ってたものなのでこれでも十分かな。

子供部屋用の収納ケースを買うお金にして、残りはへそくりにしておきます^^

スペースができてちょっとでも現金を手に入れられたらなぁと感じたら、一度公式サイトでどんな着物を買取してくれるか確認してみてもいいかもしれませんね。

→ バイセル公式サイトで着物買取の流れを確認する

 

断捨離で着物の処分を決めた理由

思い出の振袖 処分

思い出の成人式から考えれば二十数年。ちょっとだけ時間が経ちました。

成人式から20代のなかばまでは結婚式やパーティーなどで着たけど、今ではタンスの中で静かに眠り続けています。
陰干しもせず防湿剤の入れ替えもしてないので、状態が悪くなっているのはわかっているけどタンスを開けてみるのが怖い。

もしかしたら、カビとかシミや変色があったりしたらと思うと恐ろしい( ;∀;)

振袖を結婚した自分がいまさら着ることもできず、娘に自分の振袖を見せてみたら最近をデザインの方が好きだからと断られてしまいました。

しかも、嫁入り用に買ってもらった普通の着物もぜんぜん着てない・・・。

買ってくれた両親には申し訳ないけど、そろそろ着物達の断捨離を考えるようになってきました。ごめんね。

ちなみに一番簡単に着物や振袖を処分するならゴミとして廃棄することですね。
でも、もしかしたら何十万円、100万円以上したかもしれない高いものを簡単に捨てることには抵抗があります。

だけど、もう着る機会のない着物と振袖を家の中に仕舞い続けてずっと気にして暮らしていくのもそろそろ区切りを付けたい。
そこで、このままモヤモヤして過ごすのも良くないと思ったので着物達の処分について色々調べてみました。

他の方にもお役に立つと思うので、ブログに書いてみました。

あなたも着物を断舎離処分して自宅をスッキリとしたいと思ったら下の公式サイトで詳細を確認してみてくださいね。

→ 断捨離で着物の処分なら「バイセル」公式サイト

 

-着物処分

Copyright© 母の着物を処分しました 断捨離.com , 2019 All Rights Reserved.